• ホーム
  • 水虫はどこからうつる?感染経路について解説します

水虫はどこからうつる?感染経路について解説します

2019年09月24日
足裏にクリームを塗っている女性

水虫には感染経路がいくつかあり、例えば水虫菌はアカなどと一緒に床や畳などに落ちて、そこで次に寄生する場所をじっと待っています。水虫菌の生命力は非常に強く、アカが干からびても菌だけ生き続けることが可能です。たまたま誰かの足の裏などに付着すると、そのまま一定期間を過ごすことになり、皮膚の中まで侵入し感染を引き起こす仕組みになっています。皮膚の最外層や角質層がはがれたアカの中などに住んでいる水虫の場合、皮膚がふやけているお風呂上がりに最も落ちやすいと言われています。水虫になっている人は浴用タオルやバスタオルなどに関して、うつることを避けるために家族と別のアイテムを使用しなければいけません。最も危険なのは足拭きマットで、マットは家族共用になりがちなので出来るだけ別のマットを使用した方が良いでしょう。爪切りなども共用しているなら個人専用のものと、家族用のものを区別する必要があります。貸し借りは厳禁で、自宅以外の場所にも感染経路があるので注意が必要です。温泉やプール・ジムなどでうつる人が多く、例えば共用のスリッパがあるなら素足ではかないようにしたり、マイスリッパの持参することをおすすめします。施設を共有している人はうつりやすい傾向があり、マットやスリッパなどは共有で使うものが多いので注意が必要です。特にマットは白癬菌が好む高温多湿な環境にあるので、感染源になっていることが多いでしょう。

白癬菌は清潔にしておくことによって、発生を抑えることが可能です。もし白癬菌が付いた場合、24時間以内に洗い流すとうつることはありません。そのためプールやジム・温泉などの施設を利用した後、お風呂の時にしっかり足を洗ったりよく水気をふき取ると大丈夫です。素足が接するところは白癬菌が移りやすいので、日頃から注意が必要です。他にもサウナやヨガスタジオ、公民館や座敷の飲食店などにおいて、裸足になることがある場所ではうつるかもしれません。このような場所に行った後は清潔にすることが大切で、帰宅したらすぐに足を洗うと安心です。白癬菌が繁殖するような高温多湿の環境を作らないことが、水虫を予防する第一歩になります。特に梅雨は高温多湿になるので、日頃から注意が必要です。日常から白癬菌が好むような環境を作らなかったり、皮膚を清潔に保つことを心がけておくと予防することができます。家族にうつさないように、もし感染したらすぐに治療することが大切です。