• ホーム
  • 水虫の治療期間はどれくらいかかる?

水虫の治療期間はどれくらいかかる?

2019年09月18日
女性の脚

水虫の種類や感染した部位などによって、治療期間が異なります。一旦治ったかのように見えても、菌は活動を休んでいるだけなので注意が必要です。不快な症状がなくなったとしても、後1ヵ月間根気よく治療を継続することをおすすめします。再発しないように医師の指導のもと皮膚が新陳代謝を行う期間にかけて、きちんと治療を行うことが必要です。勝手に自己判断から治療を中断しないことが大切です。足の薬指と小指の間を見て、もし皮がむけたり小さな水疱があるなら、病院に行ってきちんと検査することをおすすめします。

検査はその部位の皮をメスなどでこすりとって、顕微鏡を使って観察することが可能です。再発する前に早めに診断してもらい、適切なアドバイスを受けると比較的簡単に治療することができるでしょう。近年飛躍的に進歩している医薬品ですが、昔と比べるとその威力は100~200倍になります。どのようなタイプの医薬品が良いか、その人の症状によって違います。外用薬でも塗る種類のものやスプレータイプがあり、患部の状態によって使い分けすることが可能です。症状によっては内服薬を飲んだ方が有効的なケースもあるので、医師や薬剤師と相談すると良いでしょう。一旦感染したら自然に治ることはないので注意が必要です。足などの状態がおかしかったり怪しいと思ったら、できるだけ早く病院に行ったり、薬局に相談することをおすすめします。良い治療薬が開発されているので、症状を改善することができたり再発を予防することが可能です。

いろいろな民間療法があり、感染部位にドクダミやアロエの汁などを塗ったり、すりおろしたニンニクを塗ったりぬか油を付けるなどの方法があります。お茶の葉を噛んだ後唾液と一緒に感染部位に付けるなど、各地にいろいろな民間療法が存在しています。残念ながらこれらには医学的な根拠はなく、人によっては悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。水虫の種類や感染部位などによって治療期間は異なりますが、例えば足の皮膚は角質層が厚いので治ったと思っても皮膚に菌が潜んでいるケースが多いです。菌は再活動する時期を狙っていて、不快な症状がなくなったとして1ヵ月間根気よく治療を継続しなければいけません。医師の指導の下皮膚が新陳代謝する間は治療を行う必要があります。さまざまな水虫の種類がありますが、勝手に自己判断から中断しないことが大切です。根気よく治療する姿勢が必要で、皮膚が完治するには一定の治療期間が必須です。水虫は他の人にうつすリスクの高い皮膚病なので、家族に水虫を持っている人が一人でもいると他の家族に菌が感染しているケースが高いので注意が必要です。