• ホーム
  • 水虫になりやすい梅雨の時期は要注意!どう対策する?

水虫になりやすい梅雨の時期は要注意!どう対策する?

2019年09月21日
きれいな脚

水虫になりやすい時期というのがあり、特に梅雨の時期は注意しなければいけません。もし水虫かも何となく気付いたなら、早めに医師と相談することをおすすめします。市販薬でも大丈夫や、病院に行く時間がないのでそのままにしておくと、不快な症状が悪化するかもしれません。水虫になっている人には医療機関での治療を受けず、そのままの状態にしている人がいるでしょう。特に梅雨から夏にかけて高温多湿の時期において、菌が活発に活動する傾向があるのできちんとした対策が必要です。皮膚科にかかる患者の数は5月から急増し、秋が始まる頃に減少すると言われています。水虫は通気性が良くなかったり、靴を長時間履き続けることで男性がかかるという印象がありました。近年おしゃれの関係でブーツを履く女性が増加したり、仕事の関係で一日中靴を履いている女性が多くなり、女性もかかる人が増えています。冬でも暖房があるので活動しやすいような環境が整っていて、水虫にかかる人数が増加する傾向です。誰でもかかる可能性があるので、きちんとした対策や衛星環境の整備が大切になります。

水虫は高温多湿という条件があると、活発に活動します。梅雨から夏にかけて蒸し暑い日本では、水虫にとって最高の環境になります。以前治療した水虫が再発するのもこの時期で、白癬菌を除菌したり適度に感想した状態にすることが大切です。予防するには白癬菌などが活動しにくい環境作りや、他の人から感染を防止することが重要になります。少なくとも1日1回お風呂で足を石鹸で丁寧に洗うことが大事です。水虫が皮膚に付いてしまっても、すぐ感染するというわけではありません。皮膚に付いてから角質層に侵入する場合、24時間かけてケラチナーゼを出しケラチンを溶かしゆっくり角質の中に侵入する仕組みです。つまり最低1日1回お風呂で足の指と指の間を丁寧に石鹸を使って除菌すると、感染するケースは少なくなります。足を洗った後は濡れたままにしないで、しっかり乾燥させることが大切です。

足が蒸れた状態を長く続けないことも大切で、靴下をこまめに交換することが大切です。足を乾燥した状態にすることが大切で、汗をかいた靴下を長くはかないようにしましょう。最も活発に活動する条件として皮膚の表面温度や湿度が高いことになるので、菌が喜ぶような環境を与えないよう常に衛星的な状態を維持することが大切です。靴下は通気性の良い素材を選んだり、5本指に分かれているような靴下もすすめです。ストッキングは蒸れやすいので長時間身につけないようにし、蒸れた状態を続けないことが大切です。